意外と多い、建築業者とのトラブルって⁉️

「うわー❗️何でこんな事になっちゃったの⁉️」

f:id:yoiiegood:20170402113341p:plain

昔から、家の新築やリフォーム工事で起こってしまうトラブルには、建築業者との「いき違い」と言うものがあります。例えば、打ち合わせで決定したはずの仕様になっていない。あるいは変更をお願いしていたのに、変更されていない。こういったトラブルは、けっして少なくないので要注意です。もしそのまま工事が進んでしまった場合、どういった内容であれ施工費を「請求されて」しまう可能性があります。

 

勿論、あきらかに建築業者側の “ミス” であれば、やり直しを要求する事も可能だとは思いますが…人間ですから、お互いに ”嫌な気持ち“ になってしまうでしょう。施工後も長い付き合いとなるであろう事を考えると、施主様にとって けっして良い結果を生まないと思うのです。ですから、なんとか防がねばなりません。

 

まず、こういったトラブルで考えられる原因の多くは【ヒューマンエラー】なのではないでしょうか?建築会社の規模の大小にかかわらず、実際の打ち合わせは人間対人間です。そして建築会社は ”複数の“ 施主様と、打ち合わせを同時進行で進めていることでしょう。ひとりの営業マン(担当者)が、一度に何人もの施主様と話をしているのです。

f:id:yoiiegood:20181119225548p:plain

そうなってくると…どうしても勘違いや確認不足、単純に忘れていた、などの【ヒューマンエラー】が起こりやすくなるんですよね?打ち合わせの時間が長くなれば、ふとした話題の中に紛れて ”要望“ が出てくる事もあるため、建築業者が ”聞きもらす“ 事もあり得ます。多くの言葉の中に ”埋もれてしまう“ 施主様からの大切な意見や要望って、意外とあると思うのです。

 

その時は ”思い付き“ のような発言(要望)であっても、後で「確かに言った!」というトラブルの元になるかも知れません。勿論どんな形であれ、施主様からの ご要望であれば、建築業者は把握しておく事が大切です。

しかし、建築業者も人間ですから…いつでも【ヒューマンエラー】を起こしてしまう可能性はあるわけです。これを防ぐには、何が必要なのでしょうか❓

f:id:yoiiegood:20181119232143j:plain

誤解を恐れずに言わせてもらうとすれば【施主様も記録する】ということです。建築業者を信用できないという事ではなく、互いに確認できるようにするのです。大手の建築会社では、かなり前から “打ち合わせ記録用紙” を用意しているようですが…それでも、トラブルを完全に防ぐ事は難しいのが現状でしょう。

 

肝心なのは「業者任せ」で安心しきっては いけない、ということです。打ち合わせの内容は新たな要望なども含めて、施主様も記録しましょう。そして、打ち合わせの最後にお互いに【確認】します。面倒でも、これでトラブル回避に繋がると思います。

 

さらに言うなれば【打ち合わせ担当者が、そのまま現場に関わる立場にある】事です。こればかりは、小規模の建築業者でないと難しいと思いますが…営業マンって直接は現場には関わりませんから、それが【トラブルの原因】になる事も非常に多いのです。大手では現場は “工務部” が担当しますから、システム上、仕方ないと思います。

 

言った、言わない…のトラブル回避は、施主様自らが防ぎましょう‼️大切な我が家のためですから、頑張って下さい。

f:id:yoiiegood:20170409134742p:plain

最後に、打ち合わせから現場施工、そして完成まで一人の担当者が責任を持っておこなう建築業者さんをご紹介しておきますね〜 

www.kashiwagikentiku.com

www.kashiwagikentiku.com