読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高気密高断熱住宅なら「虫が入って来ない」のはホント⁉️

 

「聞いたんだけど…高気密高断熱住宅って、家の中に虫が入って来ないらしいね〜❗️」

f:id:yoiiegood:20170408160716p:plain


さて、近年になり【高気密高断熱】仕様の住宅が増えてきました。弊社でも同様なのですが、文字通り断熱・気密性が高い住宅となります。少ないエネルギーで、夏は涼しく、冬は暖かい暮らしが出来るのです。特に【気密性】が高くなると、住宅の【隙間が非常に少ない】ので、冷暖房効率に ”ムラ” がなくなり、家中どこに居ても室温には大きな差がありません。

 

室内と屋外での【熱】の出入りが、ほとんどない住宅になるんです。

 

隙間が少ないので、省エネで快適な生活が送れるのですが…【虫】は入って来ないのでしょうか?気密性が高いので「隙間が少ない住宅」だと聞くと、何だか期待しちゃいませんか?それなら虫も入らない家なんじゃないかと…。周りに ”自然” が多い敷地だと、気になるかも知れませんね⁉️

 

答えは、高気密高断熱 "ではない" 住宅と比べれば【虫が入りにくい】…となります。

f:id:yoiiegood:20170408160843p:plain


残念ながら、"虫が全く入って来ない" というのは困難ですね〜?何故なら、まず「人の出入り」が住宅には必ずありますので…玄関や掃き出し窓を "開け閉めしている時" に、虫が侵入する可能性が充分にあります。素早い動きをする虫もいるので、これを完全に防ぐのは簡単ではないでしょう。

 

また、サッシの形状によるところもあるんですよ?前述の「掃き出し窓」などの多くは【引違い】になっていると思いますが、サッシを完全に閉めた状態でも...その構造上どうしても隙間が残ってしまうのです。2枚のガラス窓が ”引き違う” 為には、少しの【隙間】が必要です。それが無いと、スムーズに開け閉めする事が出来ません。

 

f:id:yoiiegood:20170408161457j:plain

 

そして、引き違い窓はレール上を「戸車」で動いているので、そこにも【隙間】があります。

 

勿論、そんな隙間を少しでも解消する為の ”工夫” は なされてますが、それでも体が小さかったり平たい虫は、室内に入って来る可能性があるんですよね⁉️

 

しかし...完全に虫の侵入を防ぐ事は無理でも、出来るだけ入って来ないようにするには、サッシの種類を限定してみる方法があります。それは【押し出し窓】とか【滑り出し窓】と呼ばれるサッシなんですよ。例えば冷蔵庫の扉って、部屋のドアみたいな感じで開け閉めしますが...「ピタッ❗️」と、"隙間なく閉じる" ことが出来るでしょう?あんな感じで、閉じる形状のサッシです。

f:id:yoiiegood:20170408161807j:plain

 そういった形状のサッシのみを選択すれば、かなり虫の侵入を防ぐ事が出来ます。(^_^)/

 

ただし【網戸】の状態にすれば、入って来る可能性が高くなりますよ?虫が増える季節には、窓を開けないようにする事が最良の方法なんですね~。こればかりは仕方ありません。家の周りが田畑だったり、山が近くにある地域で【虫の侵入を防ぐ】のは、そう簡単ではないんです。

 

f:id:yoiiegood:20170408161257j:plain


↑ これは弊社モデルハウス【大正ロマン邸】の画像ですが、ご覧のように隣が「山」ですから かなり虫が多い場所なんですよ。サッシを閉め切った状態でも…たま~に、虫が 家の中に入って来ます。何カ所か掃き出しの「引違い窓」を採用しているので、これは仕方ないんですよ。

 

勿論、入って来たとしても 小虫1匹くらいなんですけどね❓何匹も入る事は、まず ありません。どんなに高気密な住宅を建てても「虫が全く入らない」ようにするのは..."並大抵ではない" のです。

 

どうしても虫の侵入が気になる施主様には、気密性の高いサッシを使われる方が良いと思います。北欧などからの輸入品もありますが...その ”使い勝手” だけは最初に よく調べておいて下さいね?日本の引違い窓に慣れた人には、もしかすると「違和感」があるかも知れません。

 

最後に…【人体に害がない住宅】だからこそ「虫」も安心して入って来るのかも?ですよ~⁉️

 

f:id:yoiiegood:20170406121815p:plain